これ以上
2019.07.02

 大雨で九州 鹿児島は水害の被害が増大してる
 この時期、雨予報も多く  去年は関東は空梅雨だったけど地域的に大雨が集中して降る
 これ以上被害が出ないことをお祈ります
 関東もずーーと雨と曇り 晴れマークが一日もない 洗濯物が乾かなくて湿気もすごくて嫌だなあ

 施設の並びにWORKMANがある 
 前にカンブリア宮殿だったか人気があるとやっていたので寄ってみた
 以前は職人さん仕様のものが多かったが、女性ものもあるとやっていたので。
 ウィンドブレーカーとかメーカーものとひけをとらない品質
 私は長袖のクルーネック 色があまりなかったけど白と黒 ¥980 を買ってみた




 軽量冷感通気性 つるつるしてすぐ乾くタイプ
 これならラジオ体操にも鳥見にも 庭仕事にも使える(^^)/
 って今日は雨で ラジオ体操お休み( ;∀;) 
 私が新しいことを始めようとすると雨になる

 もう一つ 楽しみにしている海外ドラマ 2本
 NHK BS「大草原の小さな家」
  これは高校生の時、土曜日の夕方に放送されていた
  開拓時代のアメリカの一家の物語 子供が大人になるまでのその家族の一生
  このドラマが大好きで 貧しいながらも工夫を凝らして生活し、その家族愛を描いたもの
  パッチワークのベッドカバーや小物がまたうれしい

 これまたBS12 中国ドラマ「ミーユロ王朝を照らす月」
 前にも中国ドラマにはまったがとにかく着物が豪華 それを見るだけでも優雅
 中国女優スンリー あまり可愛いとは思わないけど(^^ゞ

 それを録画してみるのが今の楽しみ

1日お休み
2019.07.01

 27日から入居となったが6月中はショート扱い。今日から本当の入居という運びになった。
 場所も変わり 本人は何も言わないが雰囲気が違うので緊張もしてるだろうし戸惑いもしてるだろう
 毎日顔を見に行く。
 ベッドで寝てる日もあれば、車椅子でウトウトしてる日もあり 常に寝てる感じ?
 でもゼコゼコも言わず気持ちよさそうに寝てるが お下交換の時は抵抗が凄い
 食事もミキサー食なので お粥が嫌い父にはきつそうで数口しか食べないので栄養ドリングを飲まされている
 施設では水分もちゃんと与えてくれているが、言うと怒るし黙って自分で飲むのを見守る職員
 私が行ったときは お薬だから飲もうねと飲ませてまたウトウト の繰り返し
 拒否と抵抗 まだまだ力があるので当分はどうやってやっていくか お互いに思案しながらの状態のようですがもう任せるしかないので・・・

 でも容態は落ち着いているので 土曜日は久しぶりにダーと出かけた。
 私の気持ちは落ち着いていた
 山梨甲府へ田舎に桃を送るためドライブがてら早朝出発
 あちこちの道の駅 産直により出始めのトウモロコシ 桃を購入
 そのまま帰るのかと思えば、ダーのいつものコース 甲府→長野佐久→群馬軽井沢方面方面へ  ヒエーーーー
 こんなに長時間 車に乗るのは数年ぶりなのでエコノミー症候群になったらと途中休憩を取りながら
 ここまで来たら伊勢崎の友達のところにも寄りたい
 その前に 世界遺産の富岡製糸場にも行ってみたいと寄ったが時間切れ
 すぐそばの こんにゃくパークへ、秀ちゃんがこんにゃく大使

 

 なんか想像してたのと違った(^^ゞ けどこんにゃく好きの私はいろんなのを買ってきた
 そのあと、伊勢崎に嫁いだ高校時代の親友のお宅へちょいとお邪魔
 何十年ぶりにお母様にも会えて、高校時代はよくお邪魔してたので私のことも覚えていてくれて懐かしかった

 そのあと埼玉通り首都高通り 帰ってきたのが夜の22時ごろ
 フー 約400キロ 腰は痛いし足は浮腫むし( ;∀;)
 若いころは何でもなかったけどこの歳で 神奈川→山梨→長野→群馬→埼玉→東京→神奈川 きっついわーーー
 次回からは1県にしてほしい(^^ゞ

 日曜日はダーと施設へ
 「ダーだよ」と声かけると手でヨッというようにしてまたウトウト
 口開けて寝てるので喉が渇くだろうし 扁桃腺が赤くならなければいいなあ

 部屋はまったく 片付いていない
 レンタルも今週半ばに引き取り それが終わらなければ寝室の配置替えもできない けどこの湿気のある時期だから返って真夏になってからの方がいいのかな
 
 いまだ、時間の使い方がよくわからないしまだ落ち着かない
 でも今日から 近くの公園で7時からやるラジオ体操に参加することにした
 ちょうどダーの出勤時間と同じ時間帯なので一緒に家を出る
 月額¥500 
 70代~80代の方々に混じって ラジオ体操第1第2と7時半には帰ってこれる
 今年後半は体力作り  もう体硬くてバリバリ 



 
更に怒涛の10日間
2019.06.24



 久しぶりの投稿で なんで餃子かなああ~笑 久しぶりでおいしかった

 まずはお久しぶりでございまする。
 この10日間 もう頭の中ごっちゃごっちゃ

 まずはパパリン ショートへ行ってそれなりに言うことを聞いて生活してくれていた
 その間に私は施設見学や申し込み どこも200人待ちやら500人待ち すぐには入れないのでとりあえず申し込みしたりの日々でした
 それで 当初の予定のショートが終わってしまう・・・ということで少し日を延ばしてもらいました
 その間もちょこちょこ父を見に行ったりしながらの見学等々 疲れました
 これから父はどうなっていくのか、どこに行くのか 不安で不安で眠れない日が続きました
 それでもここならという施設が決まり来月にはお試しショートしてから一度自宅に戻り 面談 入居と いう段階になっていた

 先週木曜日に会いに行った時に食欲がないので熱を測ってもらったら38℃ どひぇーーー
 また変なゼコゼコした咳をし始めて もしかして肺炎?
 診てもらっている在宅医に往診してもらって 血液検査したら 重篤な状態といわれとりあえず抗生物質解熱剤で数日様子を見よう それでも熱が下がらなければ覚悟してくださいと言われてヒエーーーー

 まあ、お年寄りは環境が変わったり 肺炎にはなりやすいし 部屋も乾燥していたのであり得るかと覚悟を決めて様子見
 

 それから薬が効いたのか 熱も下がり今日の時点では平熱
 もう腰が痛いようでベッドの中でも寝がいりしたり落ち着かない
 もう一度在宅医に来てもらい見てもらい 熱が下がってよかった~という状態に戻りました。

 寝たきりの状態になり リハビリパンツからおむつへ こういう状態で家に戻しても大丈夫なのか、巨体を私が自宅介護できるのかケアマネさんと相談して 今の施設でもう1か所 あるのでそちらへ移すことに。
 そこの施設長さんがとてもいい方で 喘息のある人の場合、肺炎になってもかなり苦しい状態になるのでそのケアもすることになり、そのもう1か所の施設で面倒見てくれることになった
 予約していた施設はキャンセル
 そちらで来月から入居という運びになりました。

 延命治療はしないことを決めていて 在宅医に入院を勧められたが入院すると余計に体が弱り治療は父には耐えられないだろうとお断りして、その施設でも医者はいるので寿命を全うできるだけの処置や医療だけをしてもらうためにそこに決めた

 その施設長曰く「ここを出るときは苦しい顔ではなく穏やかな顔で出てほしいから苦痛のないような処置をして過ごしてもらいましょう」
 と言ってもらえて この人に任せば安心だと私もダーも納得して急遽 来月からお世話になることにした。

 かなりの特養をみてきたが う~ん( *´艸`)と思っていたけど、最後の最後でギリギリのところで納得するところが見つかった。
 当人は知らないけど(^^ゞ

 昨日、職員さんに「ここはどこなんだろう 俺はどうしてここにいるんだろう」と質問していたらしい
 「熱があってここの病院に来たのよ」というとそうかーと安心して眠ったらしい
 今日は起きたいんだけど自分では起きれないし 右向いたり左向いたり落ち着かなかった

 気の小さい私は毎晩夜中に目が覚めてウトウトするが考えることはネガティブ
 食欲もなく(食べてはいるが)5キロも痩せ 頬コケてしまったがご心配なく、今までは太っていたので普通の体形になりました。
 「娘さん そんなに来たら休めないじゃないの」と言われましたが、ちょっとでも顔を見れば安心 

 パパリン さすがです いつもそう 必ず復活する かなり体力あります
 それが年齢と共に復活するのにも時間がかかり 復活しない日が必ず来るだろうけど、ヒヤヒヤしながら見守ることとなります
 父の最終章 が来月から始まります

 家の中はまだ雑然としてリースしていたベッドやら手すりやらもそのままだし パパリンがいないのが不思議Tなくらいだが少しずつ片付けていきましょう
 今週はちょっとまた世話しなくなりそうですが 元気でやってます

 
以前の生活
2019.06.13

 以前というほど昔ではないけど、1か月ぶりくらいに平常の生活に戻った
 昨日 パパリンをショートに連れて行ってお薬付けてもらってねえと後ろ髪ひかれながら帰ってきた
 ら、朝電話があってビクッ
 夜中 ベッドから起きてずるずると尻餅ついて大きな声で呼んでいたと報告があった
 怪我はなかったが 前にもショートの時にそういうことがあったな
 きっと起き上がってトイレに行くつもりだったのだろう
 マットブザーも付けていたが 夜間は職員の数も少ないし 他の方の介助中だったらしい
 何事もなくてよかったけど 電話が鳴るとびくっとする

 で、今日も1件施設の見学 ここは毎日利用しているヘルパーさんと同じ施設
 理念がしっかりしていて医療も充実 人気があるのもわかる
 相談員の方がとてもいい方でしっかり話を聞いてくれた なんと200人ほど待ち
 そのあとそのショートに寄ってみた

 ら・・・エプロン付けてお昼しっかり食べていた
 私だとわかると帰るというかなあと心配していたが 隣に座って「おいしいですか?」と聞くと「うん」
 「将軍さん、これも食べてみましょうか」とお皿を差し出すと黙って食べていた  完食
 食欲凄いです
 でも食べ方が・・・きれいに食べる人だったのに なんだかな~っていうくらい黙々と食べていた
 この1か月 家でもそういう状態 もっとゆっくり食べればいいのに喉に詰まらせないか見ていて気になった
 食べ終わったらさっさとエプロン取って「お茶飲みましょう」というとぐいぐい飲んでいた

 でも食欲があったし普通にしていたので安堵
 職員の人が 会話の情報がないんだけど 何してたの?とか 出身が水戸で水戸黄門が好きだと話すと目の前で「控えおうろう~」と冗談で言ったら「アハハ」なんて笑っていた
 「それじゃ 将軍さん、皆さんの言うことよく聞いてくださいね」と言って帰ってきた

 お昼から薔薇の手入れ 久しぶりだ~
 そのあと大量の洗濯もの マット 絨毯を取り込んで久しぶりにいつものような夕飯を作った
 ほんと、この1か月 適当なものばかりだったので久しぶりに手作り
 ダーと二人でゆっくり食事

 1階はパパリンいないので寝室も真っ暗であーいないんだなと思うけど 久しぶりにゆっくり食事して家事も出来て なんだか前みたいな生活だなあとしみじみ

 来週には帰ってくるのでまた戦争のような日々になるだろうけど この生活 久しぶりだ~
 今晩はゆっくり眠れそう

 
明日から
2019.06.11
 パパリン 明日からショートに10日間 大冒険~ そういう結果がでるか
 前みたいに全面拒否することはないと思う すぐに忘れちゃうから。
 3泊くらいでは私の疲れが取れないので 思い切って10日にしてみた
 これがうまくいけばまた来月からショートでつなぐことが出来る
 それにしても荷物が凄い 名前書いて 縫い付けるものありーの テプラ貼ってみたり
 10日の休みと言っても 施設まわりやらいろいろすることが多くて休めないだろうなあ
 薔薇もやりっぱなしなので少しずつ整理していかなくては

 この1か月 どうにかこうにかパパリンの食事だけはしてたけど 私も全く食欲がなく ダーの夕飯も作れなくなっていたので ここでリセットしなければ。

 ちなみにはパパリンは 足はだめながらも昨日の健康診断のレントゲンはどうにか立って(支えて)撮影
 歩こうとして転ぶの法則 で家では困る

 家にいる日は全くというほど身動き取れず
髪も染めにも行けず 自分が何をしてるのか 何をすべきなのか 何曜日なのかわからないくらい混乱してる
 付箋紙にその日にやることを書いて貼っておく 
 デイの日に買い物 用事を済ませようと 結局休めないし こうして疲労が蓄積していくんだね
 私の頭の容量がいかに小さいか 私も認知になるな(^^ゞ
 腰痛いっす

 今日はデイで七夕の短冊を飾ったらしい
 「将軍さん、何をお願いしますか」と尋ねたら「まだまだ元気で過ごしたい」と返事、それを職員さんが短冊に書いてくれたらしい
 おいおいおいおいおーーーーーい まだまだ元気で過ごす気かーーーーーい
 とありがたいお言葉ながら 突っ込み入れたくなる娘だす

 
 
どうにかこうにか
2019.06.06

 
 これからの介護に向けて いろいろな事があり 頭混乱
 でもどうにかこうにか やっています
 少し落ち着いたら また書こうと思います

出来るようになったこと
2019.05.27

 皆さんにご心配 エールをいただいて 本当にありがとうございます

 年齢的には太ってるパパリン 1年前ほどはお尻なんてプリプリしてて桃尻だったのにあれよあれよという間に皺になり ここ2か月であれ?というほど足が細くなり これじゃー立ってるのも大変だわと私でも思う今日この頃
 それでもトイレ介助や着替えも頑張って立っている姿が愛おしい
 もたもたしてると「早くしてーーーーー」と怒鳴るけど 父は父なりに頑張ってるんだろうね

 昨日は1日中寝てた 食事もあまり食べずとにかく寝てた
 今日は9時に起きてきてヘルパーさんに着替えをさせてもらって1日テレビを見ていた
 それでもやっぱり疲れるのか4時半には「もう寝る」と寝ちゃいました
 かなり咳で体力消耗してるのかな

 私は午前中は頭ボーーーーとしてなんやかんやネガティブになってたけど班長の仕事が来たのでそれを台所でやっていたら元気出た。

 いいことではないけれど 出来るようになってちょっぴり(雫くらいのちょっぴり感)だけど楽になったこと

 ①デイではおトイレの時にズボンを下げてパットを当ててくれる
  立って用を足すんだけどそのパットを入れるとズボンも濡れないと聞いていたので 私も半年前位から挑戦してるが「やめろーーーーー」とかなかなか当てさせてくれない
  昔の家だからトイレも狭いんだけどパパリンの横に並んで急いで当てると酷い時は「こんなものーー」とパットを投げたりやめろーーと抵抗して腕を軽く叩いたりもする
 そういう時はあきらめて、また次のチャンスを待つ 
 それをやっていた
 喘息になったとき 転んだとき 少し認知がひどくなった時はさっと入れるとその中にしてくれるようになった
 私もコツを覚えてさっと入れれるようになった
 「はいいいよ~いっぱい出てるよ~」「まだ出てるよ」と声掛けしながら終わったらさっと取り出してリハビリパンツを穿かせる
  まるっきり親と子が逆転 3歳児におしっこの仕方を教えてる気分
  もう最近は羞恥心もなくなってきてるね
 ちょっと元気になったらまたやらせてくれないかもしれないけど、これで私も洗濯が楽だし 父も濡れなし続けられるといいな

 ②自宅で車椅子移動になって約1週間
  狭い家なのであちこち移動するのも困難で最初は力任せで腕が痛くなった
  トイレに連れていくにも洗面所入り口のどのあたりで車椅子を停めればいいのかよくわからず その時その時でやっていたけど 帰るときは手を洗っているうちに両足の外側にさっと差し出すとすんなり座ってくれることが今日わかった

 これでちょっとだけスムーズ感が違うかな

 昨晩の夜中は 絶対車椅子乗らないと頑張って歩こうとしていた
こういう時は困る

 さっき 寝る時パパリンが可愛くて「私が誰だかわかってる?」とからかって聞いたら「わかってるよ」と。
 誰?名前を上から下まで言ってみて?と言ったらちゃんと答えられた

 薔薇の写真もあるんだけど 気持ちの余裕が出来てからということで。
 今晩は少しでも眠れますように。


   
怒涛の数日
2019.05.26
 この暑さ たまらんけど湿気がないので家にいるといい風が入ってきて気持ちいい

 気持ちいい~なんてのんびりしてる場合じゃございませんのよ 奥様 ちょっと聞いてーーーー

 水曜日の朝 父が廊下に倒れていた
 トイレ行ったなあとウトウト寝ながら音だけはダンボになっていたが静かになったのでほっとして いつものごとく5時前に階段降りたら廊下でうつ伏せ状態で 声も出さず黙って転んでいた
 ヒヤーーー 父さん父さん と起こそうとするが 70キロもある老人 しかもうつ伏せ状態
 急いでダーを起こしてどうにか試みるも横にすることもできず 痛い離せーーと怒鳴りまくるし とにかく仰向けにしてダーが脇持って立ち上がらせてどうにかこうにか

 音も全くしないので 転んだのが分からなくなってるここ数か月
 いつもアットイレ行ったな 戻ったなと 音で確認 または廊下を歩いている音がするとすぐに下に降りて行って見守りベッドに戻す生活 だったが 私も熟睡できないし どうにかいい方法はと思っていた矢先

 眉間を2ミリほど切って 血が出て 目を打ったらしく 白目が真っ赤に充血 でも紫にはなっていない
 なんだかんだ言っても本人も私たちもパニクってるので 布団に寝かせて起きるまで様子見る
 他に怪我は いつものごとく 膝をずるずるとしたのか皮がむけていたが骨折はなさそう

 それでも起きてトイレ行くという 車椅子で行こうと言っても聞かない
 仕方ないのでズボンの後ろをもってどうにかこうにか連れて行くが 足が一歩も出ない
 車椅子乗ろうと後ろから誘導してどうにかこうにか

  朝、ケアマネに連絡してまた在宅医に来てもらい 目の処置をしてもらう 内出血してるだけのようなので目薬を出してもらう
 
 今年入ってからよく転ぶし 足がとにかく出ない 一歩が出ない
 押さえているので一人では車椅子も持ってこようがない
 そこでまた転ばれたら もう私一人ではどうしようもない
 それが一番怖い

 そんな調子で歩くからもちろん 大便も間に合わない(それは処理すればいいだけのことだが)
 なのに歩くという  手すりを動線に沿っておいているが足が出ないのに手だけ前の手すりに出そうとして前に転ぶ の繰り返し
 何を言っても 何をしようと言ってもいうこと聞いてくれないので ただ後ろからズボンをもって一緒に歩くという生活
 だから1日中 台所から居間にいるパパリンを監視
 立つときはトイレしかないので一緒に行動   疲れました

 夕方 またケアマネさんが来てくれて もっとデイを増やしたりショートを利用したり ゆくゆくは施設も考えた方がいいと勧められる
 
 私は母の場合は家で看取ったので父もと思っていたが 私がもうめいいっぱいだし 母の場合とまた認知やら性格やら違うので無理かもしれないという考えに変わっていった
 父が転ばずに安心して余生を過ごすことが出来ることが一番
 もう車椅子生活になってもそれは老いる過程で仕方ないことなんだと あきらめも最近ついてきた
 とにかく転ばず安全に暮らすこと
 でも本人が言うこと聞かないんだものなああ~

 まずはマットブザー とポータブルトイレを頼んだ
 と言っても在庫やら何やらで次の日に来るとは限らないが マットブザーだけは翌日もってきてくれた
 これをベッドから降りる足のところにひいて 私は同じ部屋で寝ることにした
 
 が、ベッドがギシギシ言う度に ドキッ 起きるのか?と思うと気が気じゃなくて眠れない
 他の椅子やらテーブルもどかして臨時として寝る感じ? 神経質の私は眠れるはずがない
 そんな状態で水・木・金 と過ごし土曜日やっとデイ
 ヘルパーさんやケアマネさんの助言もあり 起きなくても起こして寝巻のままでいいから出しなさい
 そうしないと私が倒れる とのこと

 傷もだんだん良くなり 鼻炎の薬も飲んでいるので眠いながらも起きてくれてどうにか
 着替えさせて朝食(食欲はある)食べさせて着替えさせている途中 トイレ 
 もうここでいいからとパットを当てその場でさせる 
 もうこうなりゃ 場所はどこでも構ってられない と思ってやっていたら大だった(^^ゞ
 それでもトイレ行くというので車椅子に乗せてトイレに行ったら お腹お祭り状態でまたもやトイレ内で着替え
 でもいっぱい出てよかったね
 あたふた デイの送迎に間に合って送り出し

 デイの方はケアマネから連絡行ってるので問題なし

 1日中寝ていたかったけど 班長の会費徴収やら 寝室の片づけ 部屋の仕切りの段差の解消するためにHCへ こうなりゃ買い物だって行けないのでスーパーへ と1日やることだらけ
 ご近所さんは近くの薬局で薬をもらいに行ってくれたり夕食のおかず持ってきてくれたり
 この日までは本人もまだ調子悪そうだしよくわかってない用で 車椅子でいうことを聞く

 ただ トイレはやはり行こうとするのでソワソワしだしたら トイレ?と促し車椅子でさせて戻ってきたりして就寝

 本日 日曜の夜中は2度ほどトイレにいったがそれも車椅子で移動してくれた

 デイに行った翌日はいつもそうだが 疲れるのか比較的よく寝てくれる
 1時にトイレ行ったきり5時まで寝てくれてた

 私は もう起きていたのでブザーをポケットに入れて朝の家事
 この音が くるみ割り人形の音楽で もうこの音色が頭の中ずーーーーとぐるぐる回ってる
 鳴ったので急いで行くとよっこいしょと起きてマットに足を付けている状態 
 車椅子で行こうと言っても歩くという デイのように職員さんのように接したら従ってくれるかな?と思い「将軍さん、これでいきましょう」と言ってみたが大丈夫と。
 仕方ないので後ろのパジャマをもってトイレまで行って 帰りはおとなしく車いすに乗ってくれてまたベッドへ
 もう少し寝るというので そのまま寝かせた

 それを2回 今9時半ですがいまだ寝てます がその方が私も楽なのでそっとしときましょう

 この3日間は二階にも行けず 何もできず 何もする気も起きず でも気持ちは落ち着かずという日々だったが
ベッドで寝て入れくれればブザーが鳴るので急いで行けば間に合う 安心感

 だけど 起きて居間にいるときはどうしよう
 トイレに行く動線は2ルート 居間→台所→トイレコース 居間→廊下→トイレコース
 どっちにするかはパパリンの気持ち次第
 マットをどこに置く?コンセントがあるので変なところには置けないし 一つのルートを車椅子で封鎖してみようか
 いやいや そんなことしたってどかして行こうとする そして転ぶに決まっている
 うーーーん( *´艸`) 起きてから考えよう

 ってなことでとりあえず  よく人から言われる
 貴方が倒れたらもっと大変なんだからと至急に介護申請をしてくれるそうなので デイの日を増やしたり他にサービス受けられるようです
 でも明日からというわけにはいかないので決まるまでちょっと神経使って大変だあああ

 パパリンは病気はないので長丁場になりそうなので 私たちの生活と共存していかねばならぬ
 共存するためにはいろいろなサービスをさらに受けることになるが なんだか可愛そうだなあとかいう気持ちを捨てようと思う
 
 私が20歳の時 父がくも膜下出血で入院手術した
 当時は完全看護ではなく家族付き添いで母が付き添っていた
 でもあまりにわがままで母が倒れ 私も仕事をやめ 母を家で見て 父には家政婦さんを頼んた
 父が退院して元気になっても母は他の病気もあり10年かけて自宅介護 亡くなったのは61歳
 退院して体が本調子じゃないのに 母のことも心配で父もよく頑張っていたが その母の年と今の私の年が同じになってきている
 因果は回る 
 同じことにならないように 私が元気でいなくてはならない そのためにも父にも協力してもらわなければならないと思う

 とりあえず ポータブルトイレがあれば夜はベッド脇で出来るから私も楽だなあ
 って前から言ってるんだけど「おればああいうのは嫌いだ」と言っているが促してどうにか使ってもらうようにすることが目標
 ここ数日 バリアフリーになっていない我が家を重いパパリンを車椅子で移動させるのはほとほと疲れた
 ヘルパーさんが教えてくれた 車椅子は押すんじゃなくて曳くと。 
 実践してみたらなるほどーーースムーズ  こうすれば力加減も自分でわかってくるんだ

 夜は寝てくれたら2~3時間は起きないので早く自分のお風呂も済ませることにしよう
 もう少しデイを増やしてもらえれば昼間、寝てることもできるし用事も買い物も済ませられる

 なんか急に来た けど これは母の力だと思う
 父が転ばない限り 私も頑固で自分でやろうとするので 転ばして父を大人しくさせて どうにか私たちが楽になるように仕向けてる としか思えない

 今、10時半 くるみ割り人形のメロディーがなったので行ってみたらトイレと。
 車椅子で行こうと促しても歩くも途中でダメだと気が付いたかすっとお尻に差し出したら座ったけど今度は洗面で立てない
 まあ 介護パンツとパットを当てているのでそのまましても大丈夫なんだけど 無理そうなのでベッドに戻して
一度座らせて朝の着替えさせたら もう一度寝ると。
 昼間寝てたら夜、眠れないんじゃないのかなあ・・・とにかく寝かしておこう
 水分だけ取らせてまた寝かせた

 今日はダーも休日出勤 でも町内会費は昨日全部終わったので後は集計だけ 気が楽だ
 寝てるパパリンの顔を見ていたら 愛しくて涙が止まらないけど 老いるってこういうことなんだね
 口喧嘩もするけど頑固だけどずいぶん前に比べたら言うこと聞いてくれるようになったよね
 父さんが転ばずに生活できることが一番だね


だらり~だらり~
2019.05.22
 チョコレートプラネット(芸人さん)の物まね 和泉元彌風に「だらり~だらり~」

 昨日の大雨で薔薇がみーーーーーんな 下向いちゃってこんな状態


 なのでもうバシバシだめなのを切って すっきり(^^)/
 9時半から初めて2時間 午後から1時間 汚くなったものを切って 終わったものは肥料を上げての作業
 明日は終わったパテンス系のクレマチスにも肥料上げなくちゃなああ

 今日は夏日みたいに暑かった~ なぜ?昨日じゃないのさ フン"(-""-)"

 お昼休みは1時間半 しっかり食べてちょっと休憩してたら無性に眠気が・・・なぜなんだと思っていたが
 アレルギー鼻炎の薬を飲んでるから眠たかったんだ~
 また4時ごろ ボーーーとしてたら まだまだ眠くてグーーーーーー あっと気が付くと寝てた
 座ると眠くなる

 今日はよく働いた 働きすぎて夕飯作るの嫌あーーーーー



嵐のような雨だったけど
2019.05.21
 心晴れ晴れ(^^)/

 今日は大雨 どころか風も強く雨もすごく台風並みのお天気
 前からお友達が来ることになっていて そういう時に限って天気予報が当たるのよねえ
 晴れ女ばかりなのに今日だけどうして嵐のようなお天気なの?( *´艸`)

 時間ギリギリまで延期にするか 決行するか判断が難しかったけど そんな悪条件でもお友達が来てくれた
 本当はもう一人遠方から来るはずだったけど 大雨波浪警報が出ていたので断念

 ネットを始めて最初からのお友達 だからもう20年くらいたつのかなあ
 私よりも人生の先輩ですが、いつもさりげなく気遣ってくれるし楽にお付き合いできる面々
 会うのは2年ぶり?3年ぶり?
 この日のために薔薇もどうにかもたせる様に頑張ったのに 大雨強風で庭めちゃくちゃ( ;∀;)
 でもおしゃべりに花が咲いて あっという間にお開きの時間
 
 日頃 介護のことで頭いっぱいの私ですが たわいのないお話や介護の助言や経験を聞いてフムフム
 パパリンにもっと優しくしないとだめだなあと反省(^^ゞ
 
 この悪条件のお天気の中、来てくれてありがとう!!
 今度はお天気のいい日に また笑顔でお会いしましょう
 薔薇がだめだったのでテーブルにちょこっとだけ

 

 いただいたお酢 おいしいんだって~~ 野菜をピクルスみたいに漬けて早く食べたい

- CafeLog -