やっときた
2021.07.12




 市の情報だと12日発送とあったがほんとに12日に来た
 しかもダーの分もいっしょに。
 とうとう来たかあ という感じだが 腕が痛くて上がらないだとかだるいとか高熱とかいろいろ聞くので怖くてしょうがない
 それでなくても37度でもフラフラして熱に弱いのに38度以上出たらどないしょーーー
 解熱剤があるから大丈夫か (心配性(^^ゞ)


 さて 八戸に行く前からいろんな用事が重なってかなり疲れていたんだと思うけど、ここ1か月よく眠れず結構参ってた
 行く前の日の晩、歯磨きしてクロスしてたら唇に傷がついたらしく(どんだけごしごしクロスしてるんだか)
 なんとなく ぷくっと膨らんだ
 このサインは風邪のサイン 調子が悪くなると唇に風邪の華ができる
 そういえば 除湿もつけず 断捨離やってたのが悪かったのか
 食欲もあまりなかった でも痩せない(爆)

 10時過ぎのバスに乗り JRに乗り換え 東京駅に向かい新幹線で八戸に着いたのは夕方4時過ぎ
 ずーーーーーーーーとマスクしてて 疲れた
 しかもいつも楽しみにしてる駅弁はコロナになってから車内では食べないので寝てるしかない
 家にいるときはマスクしてないので勤めてる人は大変だあなあ

 まぁ、無事について夕食の支度なんぞして義両親7時には各自部屋へ解散(笑)
 私もシャワーを浴びて部屋にテレビがあるのでくつろいでいたが 蒸し暑い
 ちょっと窓を開けて寝てたのが悪かったのか シャワー浴だけで体が冷えたのか どうもいまいち調子が出ない
 何!ということないんだけど食欲もないし 体が火照ってる感じ?
 熱でも出したら大変だと気合いいれ 念のため葛根湯を飲んで就寝 

 昼間は網戸にしていても 青森でも関東ほどではないけど湿度が高かったなあ
 扇風機を出してもらって 風を部屋に回りかけたらよくなった

 1日明けて 集団接種の日
 舅と姑を30分違いで取ってしまったため、姑につきそう
 こういう風にするんだ~とのんきについて行っただけだけど どうにか義両親は腕の痛みはあるようだが平常 安心した

 そして2回目は1週間違いにしてもらい 舅に姑の付き添いを頼んだ
 熱が出なければいいが・・・
 翌日1日様子をみて正常だったので 帰ってきた

 帰りもなんとなく食欲がなくてお昼も食べず帰路に着く
 唇はやっぱりぷっくり腫れて 切れて 大きく口を開けると痛い( ノД`)シクシク…
 でも電車が神奈川県に入ると気持ち的にもホッとしたのか元気が出てきた
 ダーが餃子をいっぱい作ってくれていて あげ善据え膳で(^^ゞ

 神奈川はもっと湿気がすごくて そうだー毎年やっているあれをやろうと思い出した
 寝るときはアイスノン!
 これでずいぶん楽になり ここ数日はいつもと同じく4時半まで寝ることができた

 去年はそうでもなかったように記憶しているが 今年はこの湿度が体に堪える
 気をつけねば。

 



 

八戸へ
2021.07.06

 土砂崩れ テレビの映像は怖いです
 震災の映像を思い出します
 ここ数年 天災の被害が多すぎて本当に怖いです
 被害にあわれた方 この雨泥で避難もままならないでしょう
 どうか 1日も早く復旧されて落ち着いた生活に戻るように祈ります
 この地もちょっとした山が多い
 何年か前もこの住宅地に上がる坂で土砂崩れがあった
 真夜中だったので被害者はいなかったが道路まで土が流れ 信号で止まっていたら大変なことになっていたでしょう
 車で出かけるときは今年もこの時期は回り道して下の町に降ります
 気をつけましょう

 今日から5日ほどですが八戸に行ってきます
 義両親のワクチンの付き添いです
 30分違いで取ってしまったので 姑についていかないと・・・
 東京は不安だけど 気を付けて行ってきます




 
断捨離続く
2021.07.01
 アッという間に7月ですね

 断捨離は続きます
 4日連続 ブックオフ通いはちょっと恥ずかしい(^^ゞ 
 別の店員さんだとホッとするが自動車電機関係の人は毎日同じなのでちょっと恥ずかしい

 が

 そんなこと言ってられない
 駐車場からガラガラ 台車に乗せて 駐車場の路面がガタガタでさらに台車の音が響き渡り 前を歩いている人が振り返るほどの音
 はじかしい~~
 後ろを歩いていた年配のご夫婦の会話が聞こえてきた
 「あんなに出すのねえ」「断捨離してるんだろう」  ちょー恥ずかしかった

 一つ分かったことがある
 家電といっても大きなものじゃなくて カーナビやらバイク関係 電源があるものや未使用は割と高く売れる
 年代もあるだろうが 以外だったのは タイヤを保存するカバーとバイクのカバー 未使用だが思ったより高く引き取ってもらえた
 
 父の本は 1冊5円 の世界 それでも古いものだから仕方ない
 父は几帳面で必ず表紙に本屋さんの紙?というのか?つけていたので中身はきれいだ
 私と共通の好きな作家 山本一力のものだけ残して(それだけでも15冊はある)
 これは落ち着いたら私がゆっくり読むとしよう

 着れない洋服 サイズがもうダメだとわかっていてもどうしても捨てれなかった洋服類
 店員さんが教えてくれた
 冬物は冬前に出すと今より値段が高くつきますよ と
 そうなんだ~~知らなかった 

 家にもどるとまたシュレッダーの時間
 明日の燃えるゴミではまた2袋出さなくては
 父の介護関係の書類 等々
 まだ捨てる気にならず置いてあったが・・・コメントを見ると思い出してさびしーーー気持ちになるので機械的に細かくする作業
 母の桐ダンスの奥から 父の昭和47年の給料明細が出てきた
 今とはお金の価値も違うだろうけど・・・それも取っておいてもしょうがないので
 将軍のソフトボール審判関係の書類も 50代まで地域の子供ソフトボールのコーチをしていたので審判の資格を取ったのだろう
 よく日曜日には出かけて行ってたなあ
 そのご縁で他のコーチの人たちとよく飲み会とかにも行ってたし母も元気で40代50代前半 父にとってもいい時代だったんだろうなあ

 押入れの奥から父の帽子が出てきた
 


 現役の時 70代くらいまで使っていた帽子だ 懐かしい
 奥に仕舞っていたので気が付かなかったが一度整理したら出てきた
 お棺に入れてあげればよかったなあ
 お盆には出して飾ってあげよう
 誰の影響か 将軍の弟 義兄もそれぞれ持っていて 一族で流行っていたのだろうか

 と、いうわけでなんやかんや 今、日本間は大変なことになっている
 お盆にはまた戻すところは戻して片付けなければ

 実はあまりに私の頭の許容範囲を超えることが多すぎて すっかりお盆のことを忘れていた
 父の命日は8月16日 3回忌法要が7月の下旬 
 来週は義両親のワクチンの付き添いで八戸へ
 断捨離
 8月は八戸のお盆だなああ そればかりで我が家は7月のお盆ということがすっ飛んでいた
 あーー過ぎてからじゃなくてよかった~~
 将軍に怒られちゃうよ(^^ゞ
 
 父の洋服はほとんど整理したが カシミアのコートと最後に買った背広 普段着にいつも来ていたジャケット これはまだ捨てられない
 急いで捨てる必要もないから それは虫よけ入れてまだ保管しよう

 
断捨離
2021.06.27

 この週末は断捨離 

 いらないものは資源回収用に 勿体ないなあと思うものは近くのブックオフへ 何十円の世界だけど捨てるにはしのびない本やら洋服やら 返礼品やら 2日間通った
 毎日だとちと恥ずかしいけど 明日はパソコン関係のものを持っていこう

 さらに古い書類はシュレッダーにかける
 小さなものだから30分したら自然に止まり 1時間ほど熱が冷めるまで待たなければならない
45Lの透明袋に3袋
 どんだけ 溜めとるんじゃ

 ダーがやる気になってくれないとなかなか部屋の片づけができず(だって彼のものがほとんどだもの)
 やる気になってくれて疲れたけどホッとしている
 それでもまだまだ荷物が多い
 明日もぼつぼつやらなくては。


コチドリ5
2021.06.24

 今日はあれ?膝が痛くない あれ?あれ? 急に?っていう感じだった
 4時に目が覚めて それから30分ほど 布団の中でぐりぐりボールをお尻にあてて骨盤グリグリしてるのが効いてきたのか、整骨院が効いているのかわからないけど
 膝が痛くないのってこんなに快適なんだとしみじみ実感

 午後から少し歩いたら痛くなったけど このくらいの痛みは我慢できる(^^)/


 さてさてコチドリ 6/12 21日目です
 4日から見に行ってなかったので どの位成長したのか

 ぱっと見 幼い顔はしてるけどよーーく見ると羽は幼羽になっているが成鳥と変わりないように見えた
  ひよこ組→年長さん はたまた1年生くらいでしょうか






 親は(この個体は多分お父さんだと思う 首輪のマークがお母さんと違う感じがします)
 相変わらずピーピー 警戒音を出してる
 が子供たちはそれぞれに餌とりや座って休憩したり 親と一定の距離を保ちながら過ごしていた


 個体にもよるがこの子はちょっと幼い感じがする


 ウトウト


 こっくりこっくり


 正面から見ると顔も鋭い

これにて観察は終了とする
これから畑には行ってないが もう一人立ちしていることでしょう
来年も来てくれるといいな



今日はまた近くの公園をぶらぶら

オオシロカラトンボは目がブルー


シオカラトンボの目は黒

コシアキトンボの♀がすごくいたけど上の方で良く見えなかった
♀は腰が黄色 今度よく見よう

2021.06.24 18:29 | 固定リンク | Bird | コメント (6)

- CafeLog -